検査値を知る一覧

総タンパク質とアルブミン

アルブミンの数値は、老化の目安にもなります。 アルブミンを維持すると、いつまでも自立した生活を目指すことができます。そのためには、タンバク質を十分に摂取することが大切です。

記事を読む

肝機能

肝機能は、アルコール、肝炎ウイルス、脂肪などで悪化します。肝機能改善のためには、アルコール摂取量を控え、食べ過ぎに注意します。

記事を読む

総ビリルビン(TB)

ビリルビンが増えると黄疸になり、皮膚や白眼が黄色くなります。肝臓・胆道の病気や、溶結性疾患でたかくなります。

記事を読む

血糖値/ヘモグロビンA1c

インスリンは血糖を下げるはたらきがあります。しかし、インスリンをつくる細胞は再生しないため、 血糖値の異常を早期発見することが大切です。

記事を読む

クレアチニン

クレアチニンは尿からだされる老廃物のこと。クレアチニンが高いと、腎障害の可能性があります。十分な睡眠と禁煙が、 腎機能を改善させます。アルコールの摂りすぎにも注意しましょう。

記事を読む

尿酸(UA)

尿酸値が高すぎると、 痛風や尿路結石になることがあります。高血圧、腎障害、 心血管系疾患の原因になるともいわれます。真夏は汗をかいて体内の水分が少なくなり、尿酸値が上がりやすいことがあります。

記事を読む

ヘマトクリット(Ht)

ヘマトクリット値は貧血の指標となります。喫煙者は貧血に要注意。

記事を読む

血色素量(ヘモグロビン値/Hb)

ヘモグロビンと赤血球数の比(MCH)が高すぎると、脱水や多血症の危険があります。 多血症では血液の粘度が高まり、血栓ができやすくなります。そのため、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。

記事を読む