みんなで成長する心理「グループ・ダイナミクス」の3つのメリット

twitterもしています

グループダイナミクスは、グループ内での心理学のことで、お互いに影響しあったり、みんなで成長したりということが挙げられます。

例えば、家族の誰かが生活習慣病になったときに、他の家族にも影響してみんなで食事内容を改めるようになったり、アルコール依存症のグループのメンバー同士がお互いに応援しあって、良い方向に向かったりすることなどがあげられます。

グループ・ダイナミクスの考えは、心理学だけでなく、政治や教育現場などでもさかんに研究されていて、社会的な活動などにもおおきく関係しています。

グループ・ダイナミクスの効果

①お互いに癒しあうことができる

同じ悩みや不安を抱えている人どうしが交流することで、お互いのこころが和らいだり、励ましあったり、元気を出したりすることができます。

②お互いに学びあうことができる

グループ内では、みんなが平等に学び、教えあうことになります。

③ともに新しい挑戦をする意欲が生まれる

これまで1人ではどうにもならなかったことでも、グループで知恵を出しあうことにより、問題解決をすることができます。さらには、よりよい活動をおこそうという意欲が生まれることもあります。

広告

twitterもしています

保健や福祉に関係する言葉を紹介していきます。