【用語解説】アドボカシー/アドボケイト

twitterもしています

アドボカシーとは、もとは欧米の社会的弱者の権利を守るためにつかわれてきた言葉です。

日本では「権利擁護」「政策提言」とも訳されます。

また、アドボカシーを行う人をアドボケイトといいます。

「権利擁護」としてのアドボカシー

アドボカシーの例としては、自らの権利を行使できない人たち(終末期の患者、障がい者、認知症などの患者)の権利をまもることが挙げられます。

「政策提言」としてのアドボカシー

一方、政策提言としてのアドボカシーは、法律や、行政、社会環境などのシステムに影響し、結果的に地域の人々に社会の変革の力を与えることになります。方法としては、署名活動や陳情、集会、メディアの活用などもはいります。

広告

twitterもしています

保健や福祉に関する用語解説です。