セルフヘルプ・グループ?それは仲間との支えあいのグループ

twitterもしています

セルプヘルプ・グループとは、生きづらさを感じたり、悩みをもつ本人やその家族が出会い、つながり、支えあうグループのことです。たとえば、認知症の人と家族の会、ひきこもりの子どもの支援者の会、日本糖尿病協会など、日本にはたくさんのセルプヘルプ・グループがあります。

セルプヘルプ・グループが現れたことは、患者さんたちが治療を「受ける」だけでなく、専門家とお互いにやり取りをするきっかけにもなります。

日本のセルフヘルプグループのいろいろ

もともと19世紀にイギリスで生まれたセルフヘルプ・グループは、日本では戦後に活発になりました。代表的なものはハンセン病や結核。時代が変わって公害に関するセルプヘルプ・グループ、自閉症のグループなど。徐々に、薬物依存など精神障害のセルプヘルプ・グループや、介護のグループも生まれてきます。

セルプヘルプ・グループに共通したもの:平等な立場

いろいろなセルプヘルプ・グループがありますが、共通した特徴があります。メンバーは共通の悩みやゴールをもち、みんな平等です。参加は強制ではなく、自分の意志です。そして、だれか専門家の指示を待つのではなく、主体的に活動しています。

セルプヘルプ・グループの例

病気や障害をもつ人の
セルプヘルプ・グループの例
・難病などの病気がある人
・障害がある人
・発達障害の人
・吃音がある人 など
依存に関係するもの・難病などの病気がある人
・障害がある人
・発達障害の人
・吃音がある人 など
死別をした人・子どもを亡くした人
・配偶者を亡くした人 など
さまざまなセルプヘルプ・グループ・ひとり暮らしの高齢者
・ひとり親
・介護をしている人
・子育てをしている人
・暴力被害者 など

セルプヘルプ・グループに参加する3つのメリット

メリット1:感情を解放できる

仲間同士でおなじ悩みを理解しあい、分かち合える人との出会いがあります。モデルになる人に出会うことで、自分の将来のことを考えられるようにもなります。

メリット2:情報が豊富にある

セルプヘルプ・グループは、参加者の助けになるように詳細な情報を教えてくれます。また、他の人と接することでも、いろいろな情報が得られます。専門家も相談相手になっていたりしています。

メリット3:組織として力をもつことができる

セルプヘルプ・グループ自体が結束して、社会的な活動を行うことができるようになります。政府や行政に働きかけたり、地域での啓発などの活動もしています。

広告

twitterもしています

地域にどんなセルフヘルプグループがあるか、保健師に聞いてみましょう。