みんな大好き!大塚製薬オロナミンC

twitterもしています

老若男女問わず大好きなオロナミンC。この大塚製薬のオロナミンCについて、カロリーや栄養成分などをご紹介。

大塚製薬オロナミンCの価格や栄養成分について

子どものころからオロナミンCが好きでした。今でも家族の誰かが飲んでいたりして、多くの人に愛されているのだなあと実感。オロナミンCの価格や味、栄養成分についてご紹介します。

価格98円で買いました☺

オロナミンCは安くて助かる

この大塚製薬オロナミンCは、近所のドラッグストアで98円(税抜)で購入。安くて手軽に手に入るのでいいですね。もちろん10本パックもあります。高齢者や子どもさんなどと一緒に分けて飲めますね。

味わい昔から変わらない味わい

子どものころは、よく親から自動販売機で買ってもらいました。甘くていい香りは、おそらく昔から大きく変わっていません。おいしいものは変わらないのですね。微炭酸で、カフェイン入りなので、苦手な人はご注意を。

栄養成分ビタミン成分がたっぷり

オロナミンCには、ビタミンC(220㎎も!)、ビタミンB2、B6がたくさん入っています。そして疲労回復で人気のあるクエン酸、さらにはアミノ酸と蜂蜜も。オロナミンCのビンが茶色いのは、日光からビタミン成分を守るため。

オロナミンCのエネルギーは1本(120㎎)あたり79kcal。これは糖尿病食で使用される1単位(80kcal)に近いですね。計算しやすいのもうれしい。

開けやすさ最近はプラスチックで開けやすい

オロナミンCのつまみの部分が白いプラスチック。

大塚製薬オロナミンCといえば独特のビンの形と栓。かつてよりも力を入れずに開けやすくなっているように感じます。指先の細かい動きに不安のある人には少し不便かもしれません。

1965年から愛され続けるオロナミンC

1980年代生まれの私にとって、大塚製薬オロナミンCはとても身近でした。きっと将来も、子どもたちに飲ませるんじゃないかな。最近飲んでいないなと思う方も、ときどき思い出に浸りながら飲んでみませんか?きっとあの香りがあなたを包んでくれますよ☺

広告

twitterもしています