老化や発がんを防ぐグルタチオン

twitterもしています

グルタチオンはアミノ酸のひとつで、身体のさまざまな酵素を助ける仕事をしていますが、加齢によって減少していきます。



さらにグルタチオンは、細胞の老化やがんを防いでいます。脳神経細胞にもはたらき、イライラ感や抑うつから守ってくれています。

グルタチオンの解毒作用

グルタチオンは肝臓に多く存在して、からだに入り込んだ有害な物質を無害にし、排出します。

脳においても、神経膠細胞(グリア細胞)を解毒し、脳神経が毒物の影響を受けないようにしています。これは、うつ症状やイライラ、さらには統合失調症にも有用とされています。

紫外線ダメージも防ぐ

グルタチオンは肌の新陳代謝を活発にします。グルタチオンにより、シミの原因のチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンの沈着を防ぎます。

皮膚科でも使用されている

グルタチオンは、アレルギー性皮膚炎によるかゆみ、湿疹や、美白効果のためにも使用されています。



その他のグルタチオンの効果一覧

  • 白内障の進行防止
  • 肝障害予防(アルコール性肝障害ふくむ)
  • レビー正体認知症
  • パーキンソン病
  • 体内でビタミンCをたすける
  • 老化防止 など

グルタチオンを多く含む食品

グルタチオンはレバー・肉類、小麦胚芽、アボカド、キウイなどに多く含まれます。グルタチオンは3つのアミノ酸(グルタミン酸、システイン、グリシン)が結合したもので、日本では医薬品として販売されています。

広告

twitterもしています

今後も健康情報を発信していきます。