加齢とともに減少するコンドロイチン

twitterもしています

コンドロイチンには、老化を予防し若々しさを保つという効果があります。 コンドロイチンは身体にうるおいを与える栄養素ですが、加齢によって減少しがちです。40代では若いころの6割、60代では半分以下になります(どちらも20代と比較)。

さまざまな部位に存在しているコンドロイチン

コンドロイチンは「ムコ多糖」として体中の組織に分布し、うるおいを与え、栄養分を運ぶ役割もしています。「ムコ多糖」はほかにもヒアルロン酸、プロテオグリカンなどもあり、ねっとりとしているのが特徴です。



コンドロイチンのはたらき一覧

からだ中の組織の強化 細胞や組織を結びつけます。
皮膚の弾力を保つ 肌がみずみずしくなり、ハリが出ます。
栄養の吸収や代謝を促す 細胞が水分を保つことで、栄養の消化、吸収、運搬、代謝に役立ちます。
骨や歯の強化 カルシウム、ビタミンDなどの、骨格に必要な栄養素を運搬するため、骨や歯を丈夫にします。骨粗鬆症や骨折の予防をすることにもつながります。
傷を治癒する けがが早く治るようになります。手術後の傷や、火傷のあとのケロイドを防ぐ作用もあり、健やかな肌づくりをします。
関節を柔軟にする 関節を円滑に動かすための靭帯や、腱の弾力を維持します。そのため、関節炎や、リウマチの改善にも役立っています。
老眼や白内障 の予防 みずみずしさを保ち、老眼を回復させます。コラーゲンと結合して、角膜を透明に保つことで白内障を予防します。
血管の老化の防止 血管の弾力を保ちます。また、動脈硬化の予防や回復にも役立ちます。
感染の防止 コラーゲンとともに細菌やウイルスに対抗し、感染拡大を防ぎます。

コンドロイチン不足で血管や骨がもろくなる

コンドロイチンが不足すると、血管がもろくなることで出血しやすくなったり、関節痛や筋肉痛をおこしやすくなります。また、骨や歯がもろくなったり、白内障や網膜症をおこしやすくなります。

たんぱく質やビタミンといっしょに

コンドロイチンを含むオクラの料理

コンドロイチンは、からだの中でたんぱく質とくっついて存在するため、たんぱく質(肉、魚、大豆製品、玉子など)を摂ることが欠かせません。また、体内でコンドロイチン(ムコ多糖)を多く合成するには、さらにビタミンC、ビタミンEも積極的にとると効果的です。貧血もある場合は、鉄も一緒にとるようにします。

コンドロイチンを多く含む食材

山芋の和え物
  • オクラ・なめこ・山芋・里いも・うなぎ・納豆など

ビタミンCを多く含む食材

  • 野菜・くだもの・じゃがいもなど

ビタミンEを多く含む食材

  • 緑黄色野菜(にんじん・青菜など)・鶏レバー・わかめ・玉子など

鉄を多く含む食材

あさりご飯
  • レバー・あさり(貝類)・ほうれんそう・大豆(豆類)・切り干し大根など
※鉄分をとるときの注意点

鉄はビタミンCと一緒にとると吸収しやすくなります。逆に、緑茶やコーヒーは鉄の吸収を阻害するので、時間をずらして飲むようにします。

たんぱく質を多く含む食材

  • 肉・魚・大豆・豆腐・玉子・牛乳(チーズなどの乳製品)など
※たんぱく質を上手にとるポイント

高齢者や、お腹の調子が悪く肉や魚が食べられないという人の場合、豆腐を活用したり卵スープ、またはアミノ酸のはいった食品を活用すると便利です。

広告

twitterもしています

今後も健康情報を発信していきます。