肌や軟骨をつくるコラーゲン

twitterもしています

からだの3割を占めるコラーゲン

コラーゲンはたんぱく質のひとつです。私たちの肌のおよそ7割はコラーゲンでできていて、うるおいを維持し、肌にハリと弾力を与える役割があります。

さらに、私たちの身体のおよそ3割がコラーゲンでできており、軟骨や血管などもつくっています。



コラーゲン不足にならないようにたんぱく質を摂る

コラーゲンはたんぱく質から簡単に摂ることができますが、コラーゲンは肌のほかにも血管などの大切な組織をつくっているため、不足すると皮膚がたるんだり、内臓などの組織が弱くなる可能性があります。

健康食品も活用する

関節や肌が気になる場合は、コラーゲンの多く含まれる食品(手羽先、ふかひれなど)だけでなく、健康食品でとるようにします。なぜなら、普通の食品のなかに含まれるコラーゲンの量は少ないからです。

また、食事でとったコラーゲンは身体でいったん分解されるため、必ずしも「美肌」や「関節」など、きまった場所をつくってくれるとは限らないことを覚えておきましょう。

ビタミンとコラーゲンを一緒に

コラーゲンを効率よくからだにとりこむためには、ビタミンC(野菜・果物などに多い)とビタミンA(緑黄色野菜やレバーなど)、そしてなによりバランスのよい食事を摂ることが大切です。



どんなコラーゲンでも効果に大きな違いはない

また、コラーゲンにはさまざまな種類がありますが、どれも効果に大きな差はありません。低分子コラーゲン(コラーゲンペプチド)は吸収されやすいという特徴があります。

肌からはコラーゲンを吸収できない

コラーゲンは肌に塗っても吸収することはできないため、からだの中からとり入れるようにしましょう。肌に塗る場合は、一時的な保湿効果に限られます。



広告

twitterもしています