ビタミンAはタンパク質と一緒にとろう

twitterもしています

ビタミンAは、夜盲症の予防や、粘膜を強くする力があります。ビタミンAはからだの中でタンパク質とくっついて運ばれていきます。また、ポリフェノールなどの抗酸化物質といっしょのほうが効率的に利用できます。

ビタミンAはなにに含まれている?

ビタミンAは①レチノールと、②カロテノイドに大きく分けられます。

レチノールは肉、魚、乳製品などの動物性食品、カロテノイド(βカロテン)は緑黄色野菜に多く含まれます。

ビタミンAのはたらき4つ

ビタミンAはからだに発生する活性酸素を除去したり、がん予防の力があります。

4つのはたらき
粘膜を強化するのどや気管支、胃腸の粘膜をまもります。
がんの予防をする細胞がガン化しないようにします。
皮膚や骨の老化を防ぐ皮膚や毛髪にうるおいを与えます。
肌の吹き出ものの改善をたすけます。
視力の強化をするレチノールが視力にはたらきかけます。

ビタミンAが不足すると感染や肌あれしやすい

ビタミンAが不足すると、粘膜や肌が弱くなります。そのため、風邪をひきやすくなったり、胃腸や婦人科系のトラブル、さらに、目の感染もしやすくなります。また、アレルギーになりやすくなったり、手あれなどが気になるようになります。

免疫がさがるがんにかかりやすくなります。
不妊や乳汁分泌の減少生殖に影響をきたします。
不妊や流産、奇形や、貧血、乳汁が少なくなったりします。
骨折しやすくなる歯や骨の発育に異常があらわれます。
視力がさがる暗いところで目が見えにくくなります。
味覚が低下する舌の感覚がさがるため、味覚に異常が起こります。

ビタミンAはタンパク質と一緒にとろう

ビタミンAは、タンパク質や亜鉛、抗酸化物質ととても相性が良いため、いっしょに摂るようにします。もしもビタミンAサプリメントを選ぶときは、できるだけ天然由来のものをえらぶようにします。

①レチノールと②カロテノイドを同じくらいの割合に

レチノール:カルテノイドを1:1の割合でとります。

タンパク質と一緒にとる

ビタミンAはからだの中でタンパク質とくっついて運ばれていきます。そのため、タンパク質が足りなくなると、ビタミンAを効率的に使うことができません。タンパク質は、肉や魚、乳製品、大豆などに多く含まれます。

抗酸化物質といっしょに摂るとよい

抗酸化物質とは、ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノール、リコピンなどのこと。ビタミンAをこれらの抗酸化物質と同時にとることで、お互いの酸化をふせぎ、こうかが高まるとされています。

亜鉛をとる

ビタミンAは肝臓に貯蔵されます。亜鉛は、肝臓からビタミンAをとり出すときに使われます。亜鉛は牡蠣や肉類、玉子や納豆、ブロッコリーに多く含まれています。

βカロテンは油といっしょに

緑黄色野菜に多いβカロテンは、油といっしょに食べたほうが吸収されやすくなります。調理法としては野菜炒めなどがおすすめです。

免疫力を高めてがんや感染症の予防を

ビタミンAは、のどや内臓の粘膜をまもり、細胞のがん化も防ぐはたらきがあります。動物性、植物性の両方からビタミンAを摂るようにしましょう。





広告

twitterもしています

Twitterしてます