脂質からわかるDHAやオリーブオイル

twitterもしています

脂質はタンパク質、糖質とならんで3大栄養素のひとつ。

脂質のはたらきと種類について

食べものからとった脂質は、エネルギーとしてつかわれたり、細胞をつくる成分となります。その成分により、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。


①飽和脂肪酸:主に動物性の脂質

不飽和脂肪酸:主に植物性と魚の脂質

さらに不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と、多価不飽和脂肪酸にわかれます。多価不飽和脂肪酸は、さらに n-3系、n-6系、n-9系にわかれます。

リノール酸(n-6系)

コレステロールを下げる効果があります。過剰に摂ると、乳がんや大腸がん、アレルギー、新機能への影響があります。酸化しやすく、コーン油などに含まれています。

α-リノレン酸(n-3系)

シソ油・えごま油などに含まれます。血液をサラサラにして、動脈硬化を予防します。酸化しやすいため、ドレッシングなどとして生で食べるようにします。

オレイン酸(n-9系)

悪玉のLDLコレステロールのみを低下させるという長所があります。オリーブオイルには抗酸化作用があるため、酸化しにくく、熱を通しても大丈夫です。

EPA・DHA(n-3系)

サバ、イワシなどの青魚に含まれています。悪玉のLDLコレステロールや中性脂肪を減らします。さらに善玉といわれるHDLコレステロールを増やし、血液をサラサラにします。ただし酸化しやすいという特徴があります。

家族の笑顔、忘れないでいたいから「プラズマローゲン18000」

脂質のとり方のポイント

酸化しやすい脂質は、一緒にビタミンC、ビタミンEなどを多く摂るようにします。
加工食品などはリノール酸(n-6系)を使っているものが多い傾向にあります。リノール酸も必要ですが、青魚やえごま油などのn-3系を意識して摂るようにしましょう。





広告

twitterもしています

Twitterしてます