クレアチニン

twitterもしています

クレアチニンは尿からだされる老廃物のこと。クレアチニンが高いと、腎障害の可能性があります。

野菜をMotto!!レンジカップスープ

クレアチニンとは?

腎機能が下がると、血液中のクレアチニンの濃度が高くなります。ただし、筋肉量は男女によって異なるので、クレアチニンも性差が大きくなります。 また、 加齢にともない徐々に上昇します。

クレアチニン(CRE)の基準範囲

男性 0.65~1.07mg/dl

女性 0.46~0.79mg/dl

推算糸球体濃過量 (eGFR)はクレアチニンでわかる

クレアチニンと年齢から、男女別に計算でだされるものが推算糸球体濃過量 (eGFR)です。これは、慢性腎臓病の指標になります。

推算糸球体濾過量(eGFR)の正常範囲:90以上

60~89:軽度の腎機能低下

14以下:腎不全

クレアチニンと病気との関係

クレアチンの上昇、(または糸球体濃過量(GFR)の低下)は腎機能の低下をしめします。 ただし、GFRの低下は、加齢によることもあります。

クレアチニン改善のためのポイント

十分な睡眠と禁煙が、 腎機能を改善させます。アルコールの摂りすぎにも注意しましょう。



広告

twitterもしています

Twitterしてます