血色素量(ヘモグロビン値/Hb)

twitterもしています

ヘモグロビンは赤血球の赤い色素です。 赤血球の中にある鉄分の量をあらわし、貧血の検査をするときの指標となります

血色素量(ヘモグロビン値)とは?

赤血球の中にある鉄分の量です。酸素の運搬能力を示します。

血色素量(ヘモグロビン値/Hb)の診断基準

保健指導の値

男性 12.1~13.0g/dl 女性 11.1~12.0g/dl

ヘモグロビンのはたらき

肺で酸素と結合し、体中に酸素を届けるはたらきをします。

MCHと病気について

ヘモグロビンと赤血球数の比を、MCHといいます。

男女ともに、ヘモグロビンとMCH(赤血球数の比)が高すぎると、脱水や多血症の危険があります。 多血症では血液の粘度が高まり、血栓ができやすくなります。そのため、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。

一方で、MCHが低すぎる場合は、溶血性貧血などの病気の可能性があります。





広告

twitterもしています

ツイッターもあります